Blog

17/12/04 | by kanshara
Twilight踊り納め ~四日市よさこい~


こんにちは、副代表のPeterです。
私たちは先日、三重県四日市市で開催された『第13回四日市よさこい~やったろ舞~』に行ってきました。
今年の4月の京都さくらよさこいにて4th work Twilightのお披露目を行ってから約7か月。
この四日市よさこいでTwilightの振り納めとなりました。
踊り納めということで、かんしゃらデビュー組から最初から参加しているメンバーまで、全員が真剣に練習してきました。

練習の成果もあり最後の演舞は圧巻で、煽りの台詞を言うのを忘れそうになりました。(笑)


2年振りに四日市よさこいに参加しましたが、やっぱり良いお祭りですね。
あの自由な空気感、個人的にはどことなく高知の風を感じました。
県外勢なのに地元のチームのように迎えていただいたり、普段会うことのできない方々に会えたり、まるで同窓会のような雰囲気で心の底から楽しむことができました。
声を掛けていただいた方や実行委員の皆様、本当にありがとうございました。
このお祭りでTwilightの踊り納めができて良かったです。


さて、踊り納めということは、次の作品に移っていくということですね、
夕暮れ時の旅人の心情をテーマにしたこの作品、いかがでしたか?

4th work Twilight
人が旅立つ時、その場所は故郷となる。
その地で見つけた希望は人を動かす力となる。
人は帰るべき場所を想い、明日への希望を示し、また前へ進むことが出来る。
ここは希望が生まれる場所、私たちが帰ることが出来る場所。

黄昏を望み、故郷を想い、希望を見つけた旅人が次に行く先はどこになるのか…
かんしゃら5th work、ご期待ください!

新しい旅に出る前に、まずは忘年会ですね!
今年は何が起こるのか…(笑)


副代表
Peter

Team Introducution|#かんしゃら #大阪 #京都 #東京 #よさこい
かんしゃらは「美しく格好良い鳴子踊り」をコンセプトに、大阪・京都・東京を中心に活動するよさこいチームです。高知流よさこいに独自の要素を取り込み、他にはない世界観を表現します。


ようこそ 郷愁の黄昏へ


4th work Special site